スポンサードリンク

フラワーコーディネーターになるには

フラワーコーディネーターとは、花で空間イメージをつくり上げる演出家といえます。

花にはいろいろな種類があり、それぞれに特性があります。美しい色、華やかな形、さわやかな香り・・・。可憐な花たちはそこにあるだけで人の心を和ませ、晴れやかな気分にしてくれます。フラワーコーディネーターは、このような花の特性を熟知して、パーティー、結婚式、式典、オフィス、ホテル、各種イベントなど、様々なシーンを花で彩る演出家です。

フラワーコーディネーターは、自分の思うまま勝手に花をアレンジしているわけではありません。プロとして、客の好みや目的、予算などの制約があるなかで、客を満足させるように仕上げるのがフラワーコーディネーターです。

したがって、フラワーコーディネーターは花の扱い方、長持ちさせる方法、四季の花のサイクル、花の値段、仕入れなど、花に関する豊富な知識を身につけている必要があります。

フラワーコーディネーターを養成する専門学校を出ても、すぐにコーディネーターとして活躍するのは難しいようです。まず花材専門店などに就職し、仕事をしながら実践的な知識を学んでいきます。そのため、一般的には一人前になるまでのフラワーコーディネーターの収入は普通の事務職より安く、その割に体力がいる仕事もあります。

その代わり、フラワーコーディネーターとして経験を重ね、独立して有名になれば、高収入を得ることも可能です。

花のコーディネートには色が重要な要素になるため、優れた色彩感覚を持っていることがフラワーコーディネーターには必要です。また、花は生きものなので、花の特性を熟知し、花の選択や扱いに細やかな気配りができる繊細さもフラワーコーディネーターには求められます。そして、花の気持ちがわかるくらいに花が好きなこともフラワーコーディネーターには必要です。さらに、花は意外と重いので、体力に自信があることもフラワーコーディネーターには求められます。

フラワーコーディネーターの知識や資格を持っていても、実務経験なしにプロになるのは無理です。そのため最初は花材専門店やブライダル業界などに就職することになります。最低1年はしっかり勉強し、その後数年は修業期間と割りきる覚悟が必要です。経験を積み、知識、技術、そして人脈を得れば、フリーのフラワーコーディネーターとして活躍することも可能です。

花は嗜好品なので、なければなしですませてしまえるものです。そのため、予算が減ると真っ先にカットされるものの一つであり、フラワーコーディネーターは景気の影響を受けやすい職業と言えます。しかし、フラワーアレンジメントについての社会的認知度が高まってきたことや、今までは企業関連の仕事が中心だったのが、家庭レベルにまでニーズが広がってきたことなどから、フラワーコーディネーターの将来性は十分にあると言えるでしょう。

フラワーコーディネーターになるための第一歩は、専門学校でフラワーアレンジメントの基礎を学ぶことです。修業期間は学校によって差がありますが、2年間のところが多いようです。

資格取得は必須ではありませんが、各団体で定めている資格があり、技術修得の度合いを知るための一つの目安になっています。こうした資格の中で権威が高いのが、(社)日本フラワーデザイナー協会(NFD)のフラワーデザイナー資格検定試験です。そのほか、厚生労働省認定のフラワー装飾技能士の資格もあります。資格取得のほか、簿記の知識なども身につけておくと、将来独立する際に役立つでしょう。また、大学の園芸学科で花について勉強するのもフラワーコーディネーターとして大いに役立ちます。

2007.03.13.12:29 | Permalink | Track Backs (0) |